修理事例~デイトナ~|ロレックス、オメガ、ブルガリ、カルティエのオーバーホール・修理なら一岡工芸へ

ロレックス修理・オーバーホール職人.com

TEL 03-5393-9400 FAX 03-5393-9398 受付時間 11:00~19:00 不定休

メールでのお問い合わせはこちらから

  • ロレックス修理・オーバーホール職人.com_TOP
  • サービス一覧・料金表
  • 一岡工芸が選ばれる理由
  • よくある故障の症状&原因
  • 会社概要

修理事例~デイトナ~

ロレックス修理・オーバーホール職人.com_TOP > 修理事例~デイトナ~

クロノグラフの王道「デイトナ」の修理事例

一岡工芸がこれまでに手がけたロレックス「デイトナ」の修理事例をご紹介します。

30年以上の修理経験を持つ国家検定一級時計修理技能士と、田崎真珠で洗練された磨き技術を会得した代表があなたの時計を、元通りによみがえらせます。動かない、キズが気になる、内部が曇るなどお困りのことがありましたら、ぜひ一度当店までご相談ください。

修理期間は2、3週間、早ければ1週間でお渡しが可能です。

デイトナには1988年まで製造した手巻きムーヴのRef.6263と1989年から販売された自動巻きムーヴRef.16520が有ります。共に世界をあっと驚かせたクロノグラフで、とにかく信頼性の高いムーヴですから殆ど故障しません。
修理事例としては手巻きは使用頻度が高いリューズトラブル、ネジ山の磨耗によるねじ込み不良です。リューズ交換が一般的な修理です。
自動巻きはリューズを回す回数も少なく5年に一度のO/Hまでトラブルなしが普通です。
しいて挙げれば落下や強い衝撃による自動巻きローター脱落位です。
クロノグラフで日差4秒ほど、実に素晴らしい精度です。

修理事例

・修理前の状態
機械内部は油切れ状態。
特に部品交換の必要は無い状態です。
裏蓋、リューズパッキンは劣化の為交換が必要です。

・修理内容
お預かりして居ります、ロレックス デイトナ16520のお見積もりです。
機械は油切れ状態です。
特に交換部品は発生しませんでした。
パッキンは4個交換致します。

  • オーバーホール
  • ¥35,000
  • 裏蓋パッキン交換
  • ¥2,000
  • リューズパッキン交換
  • ¥2,000
  • 新品仕上げ
  • ¥8,000
  • 見積もり額:
  • ¥47,000
  • 消費税:
  • ¥2,350
  • 合計見積もり額:
  • ¥49,350

納期:3週間前後

保証期間:1年間
通常の使用にも関わらず、同一箇所の故障は、1年間無料で修理致します。
但し、外装部品・ゼンマイは除外致します。

・職人のコメント
機械内部は油切れ状態ですが、錆びもなく部品交換の必要はありません。
ゴムの劣化は致し方ないですが、その他は問題なくオーバーホールで精度も出せます。

・お客様の声

北海道 S様

ロレックス デイトナ今朝受け取りました。
迅速な対応と丁寧なメールやり取りで安心して居りました。
素晴らしい仕上がりに感動しました!
購入当時の輝きです。
こんなに綺麗になるとは想像以上です。
別の時計のオーバーホールと仕上げも是非お願いします。

全国見積り送料無料 修理・オーバーホールも全国対応しています。詳しくはコチラ

ページトップへ

Copyright © ロレックス修理,オーバーホール職人.com All Rights Reserved.